読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

グラビア見聞録

雑誌のグラビアやアイドルの写真集やイメージDVDの感想を書いたブログ、時々辛口です。

ななみんからのラストメッセージ/橋本奈々未写真集 2017の感想

橋本奈々未写真集 2017

2017年2月20日…

橋本奈々未さんにとっては24回目の誕生日となるこの日に、ななみんは乃木坂46を卒業し、そして芸能界からも引退します。

彼女が所属する乃木坂46も気付けば5年。

5回目となる乃木坂46「5th Year Birthday Live」が2月20日・21日・22日の3日間さいたまスーパーアリーナで開催され、その初日がななみんの卒業コンサートとなります。

そんな大切な日に発売されるのがラスト写真集となる「2017」。

橋本奈々未さんからのラストメッセージとも言える作品が、乃木坂46のメンバーとして、そして芸能人として最後となる日に「誕生」しました。

活動のラストを飾る、本当に最後の写真集

橋本奈々未さんは乃木坂46の1期生であり、なおかつ福神の特にフロントメンバーとして活躍してきた、ある意味乃木坂46の顔とも言えるメンバー。

そんなななみんのラスト写真集をこれからじっくりチェックしていきたいと思います。

写真集の概要

本作は、橋本奈々未さん自身が専属モデルを務めるファッション誌「CanCam」が企画したものであり、ロケ地となったのはニューヨーク。

(当初イスタンブールを希望していたようですが、治安の問題等もあり残念ながら実現には至りませんでした。)

主にN.Y.でのななみんの姿をじっくり撮り下ろしたもので、その中にほんのちょこっとだけ下着姿が掲載…といった感じなので、同時期に発売された白石麻衣さんの写真集とは方向性が全く違うし、なんだったら齋藤飛鳥さんの写真集よりもお肌の露出は少ないです。

【関連記事】飛鳥ちゃんの水着姿にびっくり!「乃木坂46・齋藤飛鳥ファースト写真集「潮騒」」の感想

まあ…なんかそういうのも含めてななみんらしいなぁって感じもするし、ウエイトをそこには置いていないので、そういうのを期待して本作を手にした方には残念な結果と言えるのかもしれません。

雪とともに…

雪の中に佇む橋本奈々未さん…
それが本作の表紙であり、序盤は雪の中のななみんから始まります。

乃木坂46でのななみんはずっとショートカットのイメージでしたが、卒業が近くなったあたりからだんだんと髪をのばし始め、なんとなく「乃木坂46の橋本奈々未」からの脱却をはかっていたのかな…という気がしないでもないんですが、ひょっとしたらこれが本来の橋本奈々未さんなのかもしれないし、北海道出身という事もあって雪がよく似合う。

ひょっとしたら、これが橋本奈々未さんの”これから”を象徴するシーンなのかなぁという気がしました。

 

雪のようにスッと消えていく…

自身の存在を雪になぞらえたような印象もあるし、ある意味原点回帰とも言える…ある意味、本作の”意味”ってここに集約されているのではないか?

…そんな印象さえ感じてしまいました。

モデル橋本奈々未

その後のページはいかにもモデルって感じの橋本奈々未さんの姿が多数おさめられており、服装もおしゃれだし、そもそもN.Y.っていうシチュエーションがオシャレではあるんだけど…その中に存在する橋本奈々未さんの佇まいは「まさにモデル」って感じで、そこに居るだけで絵になるというか…かっこよかったり、かわいかったり、きれいだったり、そしてちょっぴりお茶目だったり…

最後に相応しく、色んなななみんの表情を見る事ができます。

さらに、髪をアップにまとめた感じなんかは、ショートカット時代のななみんを彷彿とさせ、「やっぱりななみんはショートカットだよね」って方にも嬉しいヘアアレンジ。

(サングラスをかけたカットなんかは「乃木どこ」でタモリさんのモノマネをやった時のオマージュ?って感じがしないでもなく、色々と想像力を膨らませながら楽しめるんじゃないかと思います。)

下着姿のおとななみん

屋内のカットから紺のワンピースに赤のチェックシャツ姿で、脚線美を強調するカットが出てきて…いよいよ浴室で紺の下着姿に。

バックショットから、胸元、ウエスト、全身…みたいなところが一番の山場で、おへそが写っているのがわずか2カット。

見る側からしたら最小限の露出って思ってしまうんですが、ななみんからしたらこれが最大限って事なんでしょうから…まあその辺はちょっと残念だなぁと思わなくもないんですけどね…

 

そして、後半は茶色のブラ姿があるんですが…これは「たまたま衣装が下着だった」…っていうだけで、あくまでもメインは表情。

よくよく考えたら前作の写真集でもお肌の露出は抑えられていた印象があるので、ななみん自身がそういうのをあまり好まないんだろうなぁって事なんでしょうね。

【関連記事】私にとっては「やさしい生殺し」・・・でした(笑)「橋本奈々未ファースト写真集 やさしい棘」の感想

そして旅立ち…

きれいだしかわいいし時々お茶目なんだけど…

独特の感性を持っていて、ちょっぴりミステリアス…

がつがつ前に出るというよりは、一歩引いたところから俯瞰で見ている感じで、乃木坂46の中でも存在感を放っていた橋本奈々未さん。

本作にもそんなななみんの魅力が随所に詰め込まれており、きれいさにハッとさせられ、お茶目さに癒され、大人っぽさにドキッとさせられる…そしてミステリアスな部分を残したまま旅立ちの時を迎えるわけで、ななみんのその先を見れないのは非常に残念ですが、乃木坂46の1期生メンバーとして、CanCam専属モデルの集大成が本作。

一番きれいな姿を残して旅立っていくわけですね…

 

ひょっとしたらもう二度と会えないかもしれないけど、ななみんの選んだ道を応援したいと思うし、ななみんのいた乃木坂46をこれからも見守っていきたいと思います。

 

ちょっと早いけど、今までお疲れ様でした。

そして、これからも頑張ってください。 

橋本奈々未写真集 2017

橋本奈々未写真集 2017

  • 作者: 橋本奈々未
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2017/02/20
  • メディア: 単行本
 
Copyright © 2016 gravure LOG All rights reserved.