読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

グラビア見聞録

雑誌のグラビアやアイドルの写真集やイメージDVDの感想を書いたブログ、時々辛口です。

田中優香さんは相変わらずむちむちでした♪「ヤングマガジン No.11 松井珠理奈」の感想

ヤングマガジン 松井珠理奈 SKE48 雑誌

ヤングマガジン No.11 松井珠理奈

2017年2月13日に発売された週刊ヤングマガジン 2017年2/27号 No.11の表紙はSKE48の松井珠理奈さん。

現在放送中のドラマ「豆腐プロレス」の役柄にあわせて自慢の黒髪ロングヘアを金髪に染め大きくイメチェン!!
金髪では(多分)初のグラビアとなります。

表紙&巻頭グラビア 松井珠理奈(SKE48)

金髪ってやっぱりインパクトがあって、いくら松井珠理奈さんでも一瞬誰かわからなかったぐらい印象が変わって見えます。まあどちらかというと優等生なイメージだったんで、こういう明るい感じもいいんじゃないでしょうか。

グラビアはにっこり笑った感じから始まり、笑顔と、横になった時のオトナっぽさのギャップがいい感じ。

頬杖ついた感じもかわいらしくていいんじゃないでしょうか。

続いて、立ち姿や肩出しのポージングなんかは大人っぽくセクシーに魅せる感じ。
そして、ちょっと上目遣いで見上げる感じがあって、最後は赤のニット姿でしっとり…といった構成。

適度に笑顔のかわいらしさと、大人っぽさのメリハリを利かせたグラビアになっています。

 

というわけで、金髪という未知のジャンルに飛び込んで、新たな魅力を発揮した今回のグラビアでしたが…惜しむらくは安定の短パン系だった点。

なんでこうも普通の水着を嫌がるのか理解に苦しみますが、自らNGを設ける事自体「なんだかなぁ」って気もするし、仮にもグループの先頭に立とうかっていう人が、裸一貫でぶつかっていけない(いかない)のがすごく残念というか…その辺の心意気の違いが山本彩さんとの違いな気もするんですけどね。

個人的にはそういうつまらない制約を一切とっぱらって、裸でぶつかった時にこそ初めて本当の意味での「いちばん」になれる気がしています。

ある意味で「心の壁」の象徴(笑)

越えられるか越えられないかは珠理奈次第!!

巻末グラビア 田中優香(HKT48)

続いて巻末グラビアはHKT48のゆうたんこと田中優香さん。

黒系の水着で胸元やウエストから腰にかけてのボリューム感、そしてむちむち感がたまりません。メイクのせいか表情は少し大人っぽくも見えるし、頬のラインも以前よりシャープに見えます。
(これはカットによってかなり印象違うけど…)

1/4サイズのカットなんかも、水着ではないけど衣装越しから胸のボリューム感が伝わってくるし、「むちむち」って擬音?を入れたくなるぐらいどれもむっちり感があるんですよね。

水着は立ち姿と寝姿がこの後にあるんですが、立ち姿の表情とかはまあまあかなって感じだけど…とにかくむちむち感がハンパなくて、ゆうたんの場合はそれが武器になってるから、今後もそのグラマラスボディーでばんばんグラビアやってほしいですね!!

写真集も…いずれは見たいなぁ!! 

ヤングマガジン 2017年11号 [2017年2月13日発売] [雑誌]

ヤングマガジン 2017年11号 [2017年2月13日発売] [雑誌]

  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2017/02/13
  • メディア: Kindle版
 
Copyright © 2016 gravure LOG All rights reserved.