読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

グラビア見聞録

雑誌のグラビアやアイドルの写真集やイメージDVDの感想を書いたブログ、時々辛口です。

肉厚ジューシーないくみんボディー最高!「ヤングマガジン No.17 久松郁実」の感想

ヤングマガジン No.17 久松郁実

2017年3月27日に発売されたヤングマガジン No.17(2017年4/10号)の表紙は久松郁実さん。

表紙はピンクのビキニで、体を斜めに傾けたポージング。
表情とかは表紙よりも中のグラビアの方が断然イイよなぁって思ったんで、改めてじっくりお伝えするとして…

今回は「ディス・イズ・健康美」と銘打たれた通り、極上のいくみんボディーを存分に堪能できるグラビアとなっています!!

表紙&巻頭グラビア 久松郁実

なんか最初のカットからやられたなぁって感じなんですが、パンツにゆるっとしたシャツ姿のポージングで、へそ出し!!

久松郁実さんって色々強調できるポイントがあるとは思うんですが、おへそもきれいだなぁってしみじみ思えるカットになっておりまして…縦にすっとのびる感じと、適度に肉感的なお腹の感じがたまらんなぁと思います(笑)

そして、内もものあたりの肉感もいい感じでして…パンツの締め付けに反発するかのようにぷりんと盛り上がった感じが…いいですねぇ。

 

一転して黒ビキニの立ちポーズ。

やや前かがみで、露わになる胸のライン…ここで改めて胸の大きさと形のきれいさを実感。久松郁実さんってやっぱいいなぁって思います。

バストアップなんかはちょっとかっこよく決めてるんですが…胸の谷間がどうしても気になってしまいますね(笑)

 

そして、表紙と同じピンクのビキニの座りポーズから、立ちポーズの後ろ姿。

最後は見開きでの寝姿で、表情の方にポイントをおきつつニットから肩口、そして胸の谷間あたりも楽しめるカット…という構成。

 

改めて久松郁実さんを見ていいなぁって思うのは、適度に肉感的であるという点。

痩せてガリガリな感じでもなく、かといって筋肉質でもなく、勿論太っているわけでもなく、すごくちょうどいい感じでまるみを帯びているのがポイントで…まさに良質のお肉って感じ(笑)

だからこそ「健康美」っていうんでしょうけど、適度に小麦色の肌なのもいい感じだし…

最近はグラビア業界が完全に復活したなぁって感じがするし、色んな人がどんどん出てきて目移りしそうな感じですが、それでもやっぱり「久松郁実」というブランドは健在だなぁと感じたし、やっぱりいいなって思わせてくれるグラビアでした。

巻末グラビア 長濱ねる(けやき坂46)

けやき坂46の長濱ねるさんのソログラビア。

最初は懐疑的だった欅坂46についても、だんだんと私の中に浸透してきたっぽくて、守屋茜さんとか…ちょっと気になるメンバーも出てきたなぁって思うんですが、そういうのとは別格で最初からこのコはかわいいと目をつけていたのが長濱ねるさん!!

ちょいタレ目のお顔がね…もう「どストライク」な感じでして、私からしたら漢字表記とかひらがな表記とか関係なく単推ししたいレベル(笑)

セーラー服姿から始まり、エプロンやら部屋着やらがあって、カチューシャに頭の上になんかのっけて「はい、かわいい!」って感じ!!

ちょいとクールなランチタイム…みたいな構成なんですが、とにかくかわいかった!!

以上

…そんな感じです(笑)

ブレイキンガール 沖口優奈(マジカル・パンチライン)

1ページ勝負のブレイキンガールのコーナーですが、今回はマジカル・パンチラインの沖口優奈さん。

白のビキニでぺたんと座り込んだポージング。お尻を強調したポーズで勝負って感じです。

結成当初はどうしても佐藤麗奈さんのネームバリューがあったから、そっちばっかりに目がいってしまっていたけど、意外とマジカル・パンチラインって層が厚い感じで、佐藤麗奈さん以外のメンバーも悪くないというか…思った以上に良かったりするんですよね!!

引き続き注目…でいいと思います(笑) 

ヤングマガジン 2017年17号 [2017年3月27日発売] [雑誌]

ヤングマガジン 2017年17号 [2017年3月27日発売] [雑誌]

  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2017/03/27
  • メディア: Kindle版
 
Copyright © 2016 gravure LOG All rights reserved.