読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

グラビア見聞録

雑誌のグラビアやアイドルの写真集やイメージDVDの感想を書いたブログ、時々辛口です。

みさみさヤンマガに凱旋!「ヤングマガジン No.18 衛藤美彩(乃木坂46)」の感想

ヤングマガジン No.18 衛藤美彩

2017年4月3日に発売されたヤングマガジン No.18(2017年4/17号)の表紙は乃木坂46の衛藤美彩さん。

4月25日には待望の最新写真集を発売するという事で、今回はその先行グラビアとなっています!!
まあ元々みさみさって「ミスマガジン2011グランプリ」を受賞しており、かつてはヤンマガでグラビアをやっていた事もあるので、ある意味ここは原点とも言えるわけで…そういう意味での「凱旋」です。

表紙&巻頭グラビア 衛藤美彩(乃木坂46)

よくよく考えたら衛藤美彩さんに関しては、ミスマガジン2011グランプリに輝いた頃から知っているので、当時のちょっとふっくらしてかわいかった頃と比べたら、格段にきれいになったと思うんですが…

ワンピースでの立ち姿から始まって…

ページをめくるといきなりピンクのビキニ姿!!
1/4サイズのものと、波間を走る全身…はっきりいってめちゃくちゃきれいです。

てか、当時グラビア界の登竜門だった「ミスマガジン」でグランプリを獲ってるわけだし、そもそもの入口はグラビアアイドルだったんで、水着姿が似合わないわけがない(笑)

しかも、乃木坂46のメンバーとして積み上げてきた実績もあるから、久々に見るみさみさの水着姿はきれいすぎてヤバい!!

表情のアップから、ビールをたしなむみさ先輩(笑)

年齢的にもお姉さんチームで、しかも乃木坂46の中では飲みキャラまであって、お酒を飲んでもかわいいアイドルって…多分みさ先輩ぐらいしかいないのでは?って感じなんですが…

そんなんもありつつ最後は見開きでの笑顔。
しなやかな体のラインの美しさもさることながら、色々な経験を経て磨かれた美貌から繰り出す笑顔の破壊力が素晴らしい!!

これなら写真集も期待できると思うのですごく楽しみです!!

 

ここからは少し余談となりますが…

「ミスマガジン2011グランプリ」を獲得し、ある意味グラビア界の新人王となった衛藤美彩さんが、乃木坂46に加入したというのは私の中で驚きでした。

普通なら、自身の肩書きを活かしてグラビアアイドルとして活動しそうなものですが、それを一旦リセットして、当時まだ「AKB48の公式ライバル」として発足し、成功するかどうかもわからない新規グループの1期生になる…これってある意味賭けだったんじゃないかって気がします。

そして、なんだかよくわからない不遇な時代…

元々みさみさって握手会人気とかもあったはずなんですが、意外とアンダーメンバーとしての期間が長くて、どう考えても「ミスマガジン2011グランプリ」という肩書が足枷となっているんじゃないだろうかって勝手に思っていたぐらいで…

でも、長い長いトンネルを抜けて遂に掴んだ選抜の座!!

そこからの快進撃については言うまでもありませんが、お姉さんグループの一員としてのポジションを確立し、福神、そしてフロントメンバーとなりました。

そんな過去があるからこそ、衛藤美彩さんの経歴の中において「ミスマガジン2011グランプリ」っていうのはもはや黒歴史なのかなぁって思っていたんですが、昨今の乃木坂46メンバーによるソロ写真集の流れ…殆どのメンバーが幻冬舎からリリースしている中、講談社から写真集を出すってなったのは、この経歴に起因してるだと思います。

色々あったけど、そんな中で原点とも言える講談社から写真集を発売する事となり、こうしてヤングマガジンに帰ってきた…

これってなんかすごく意義があるというか、一番いいところに着地したんだなぁって気がします。

ま、それもこれもひとえに衛藤美彩さんが不遇の時代にもめげずに頑張ったから…これに尽きると思います。そして、元々かわいかったのが、乃木坂46としての活動期間を経てめちゃくちゃきれいになった!!

…だからこそ衛藤美彩さんの写真集が楽しみなんです!!

巻末グラビア 渡邉理佐(欅坂46)

巻末グラビアは欅坂46の渡邉理佐さん。

元々欅坂46メンバーのグラビアを見ながら、なんかやけにグラビア映えするコがいるなぁって思っていたのがべりさこと渡邉理佐さん。

…と思ったら、今度はファッション誌のモデルに抜擢され…多分、乃木坂46を卒業した橋本奈々未さんのいた枠に入ったんでしょうが、そこに入るってだけでもすごいなぁって思いますね!!

高校を卒業するって事で、制服姿から、部屋着っぽいスタイル、そしてアップがあって、スーツ姿の後ろ姿って構成ですが…

アップの表情とかがめちゃくちゃかわいくって、モデルってのもなんか納得!!

 

こうして乃木坂46の3期生や欅坂46には将来有望な人材がどんどん集まっているというのに…かたや公式ライバルだったはずのAKB48は…って感じで、なんでこうなっちゃったんでしょうね? 

ヤングマガジン 2017年 4/17 号 [雑誌]

ヤングマガジン 2017年 4/17 号 [雑誌]

  • 作者: 講談社
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2017/04/03
  • メディア: 雑誌
 
Copyright © 2016 gravure LOG All rights reserved.