グラビア見聞録

雑誌のグラビアやアイドルの写真集やイメージDVDの感想を書いたブログ、時々辛口です。

GIRLS-PEDIA2017 SUMMER 表紙:NMB48 矢倉楓子/谷川愛梨/上西怜/山田寿々の感想

GIRLS-PEDIA2017 SUMMER (エンターブレインムック)

2017年7月31日に発売された「GiRLS-PEDiA2017 SUMMER(ガールズ・ペディア)」の感想です。

本作は半期に1回ぐらいの間隔で不定期に発売されているムック本であり、全400ページのボリュームが特徴。雑誌のグラビアならせいぜい5~7ページしか掲載されないところを、ものすごいボリュームを割いており、とにかく圧倒的物量をウリにした一冊。

登場するのはその半分をNMB48のメンバー4人で独占し、後半はそこまでメジャーでないアイドル達の希少なグラビアを…これまた普通なら考えられないようなボリュームでたっぷり楽しめます。

(ただし、普通ならページ数が限られているので、数撮影してその中から使うカットを選ぶんでしょうが…本作の場合は数撮影したものをまんま使うから、表現力の乏しいアイドルにとっては同じような表情が延々と続く無間地獄とも言えます。)

ま、言わば「グラビア界のラーメン二郎」的な異色なムックとも言えます。

【関連記事】

巻頭:NMB48(矢倉楓子・谷川愛梨・上西怜・山田寿々)

今回はNMB48の2期生から矢倉楓子さんと谷川愛梨さん、そして研究生から上西怜さんと山田寿々さんという組み合わせ。

ふぅちゃんとあいりはある意味ベテランとも言えるふたりですが、コンビを組むふたりの研究生っていうのが…実はNMB48を卒業した1期生の実妹コンビでして、上西怜さんの姉が上西恵さんで、山田寿々さんの姉が山田菜々さん。

NMB48のコーナーでは、4人での集合カット、ふぅちゃんとあいり、れーちゃんとすずというツーショット、そしてソロカットは水着に上着ありと上着なしの2ポーズ?という構成。

 

矢倉楓子さんに関しては、白間美瑠さんとWセンターなんかもやった事があるから、ある程度安定株なんだけど…バシッと決まった時と、そうでない時の落差があるから、やっぱりある程度は掲載する写真を選べるグラビアの方が向いてる感じ。

まあ華奢だし、おへそがのの字みたいな感じで特徴があるし…あんまり水着グラビアで良さを発揮するタイプではないのかなって気もします。

 

谷川愛梨さんは、雑誌グラビアへの登場頻度こそ少ないものの、小顔ですらりとしたスレンダー体型で、ウエストもくびれていてすごくきれいだし…素材としては悪くないと思うんですけどね。

小動物っぽい愛嬌ある顔立ちもかわいらしいし、表情も豊かだから、今回のグラビアも割と谷川愛梨さんでもってるというか…むしろ「谷川愛梨さんが出てるから、じゃあチェックしとこうかな」ってなったんですけどね(笑)

ないのは胸ぐらいで、グラビアはかなり向いてると思うんだけどなぁ…

 

上西怜さんは、言われたら確かに上西恵さんに似てるなぁって思います。

お姉さんみたいなメヂカラというか、ガツンとくるインパクトこそないものの、逆にけいっちの独特の圧みたいなのが緩和されて、適度な妹感がかわいらしいなって気もします。

あんまり目立たせてないけど、意外と胸もある?ってのも今後のお楽しみって感じでいいなって思いました。

 

山田寿々さんは…ちょっと早かったかなぁって気も。

お姉さんの山田菜々さんも目とかのパーツに特徴があって、それが個性だなぁって思ってたんですが、妹さんもちょっと癖があるというか、個性的な感じ。

まだ下腹がぽこっとしてる感じも年齢的に仕方ない気もするし、全体的にむちむちした感じなのもお姉さんに似てるかな。

なんかツインの三つ編みってのが微妙に似合ってない気もするし…

 

NMB48に関しては、割と表情にバリエーションがあるタイプが揃った感じで、ぎり退屈しないレベルというか、過去の作品と比べても今回はまあ見れるかなぁって感じ。

逆にこのメンバーなら大健闘ってところじゃないでしょうか。

鹿目凛(ベポガ!(虹のコンキスタドール黄組))

続いて鹿目凛さん。

黄色のビキニとピンクのビキニの2ポーズで魅せてくれています。

大きな瞳が印象的で、やや濃いめではあるけど、目鼻がはっきりしてかわいい顔立ち。そして、なにげに胸もしっかりあるタイプでグラビア適性はかなり高めな印象。

ちょっと前髪とかが重たいなぁって思わなくもないですが…

 

これは掲載される枚数が多いからこそ感じる事だけど、鹿目凛さんって左が利き顔なんでしょうね。アングルの95%は左側を見せているんで…それは本当に掲載される枚数が多い弊害だと思います。

ただ、ビジュアルの良さと、スタイルの良さはかなりいいと思うんで、表現力を磨けばグラビアの一線級でも戦えるだけのものは持ってるんじゃないかって気も…

表情とかも、いくつかちょっとニュアンスが違うものがあって、もうちょっと思い切って振り切ってくれたらいいのになぁっていうもどかしさもあったんで、こういうグラビア撮影の時はアイドル的な笑いよりも、鹿目凛さんの内から湧き上がってくるものを素直に表現してくれた方がもっといい写真になるはず。

素材はいいと思うから、あとは見せ方を覚えてもっとメジャーなところで活躍してほしいなって思いました。

相良朱音

この方は全くわからないんですが、相良朱音さん…

アイドルっぽくかっちりと整えた前髪と、あっさり目のロリフェイス。そのくせノーブラに上着っていう大胆な感じ…

淡い緑の水着と、濃い水色の水着で、どちらも布面積は小さめ。

白い歯を見せるとまあかわいいかなぁって気がしないでもないけど、それ以外はイマイチというか似たり寄ったりな表情というか…どう表現したら難しい。

なんかアングラ系のロリコンモデルって感じで、好き嫌いがわかれそうな気がします。

山下あかね

このコもどなたか存じ上げないんですが…山下あかねさん。

でっかい目が特徴的で、胸も結構グラマラス。
黒の肩紐のなしの水着と、黄色の水着って感じではあるんですが…この方に関しては雑誌の懸賞ページとか、アングラ系雑誌でインパクト勝負向きじゃないですか?

目を見開いて表情のパターンが全然なくて、笑顔も口角を上げてるだけで笑えてないし…ただただきれいなだけ。

額縁に入れて飾ってたらめちゃくちゃきれいって思うかもだけど、このページ量をもたせるだけの力はない…と言わざるを得ないかな。現状は。

グラ飯

グラビアアイドルが水着で女子会するニコニコ動画の有料コンテンツの宣伝。

いつも載ってるけど「ふーん」としか思わないのはなんでだろ?

巻末:放課後プリンセス(小田桐奈々・関根ささら)

GIRLS-PEDIA2017 SUMMER (エンターブレインムック)

裏表紙は放課後プリンセスの小田桐奈々さんと関根ささらさん。
こちらは白ビキニの1ポーズで、全編ツーショットでのグラビアとなっています。

小田桐奈々さんは放課後プリンセスの生徒会長(リーダー)らしいんですが…今回は申し訳ないけど、表情のパターンが全然なくって、口の開け方が微妙に半開きとか、微笑とかしかなくて…物販用のグッズの生写真とかならOKかもしれないけど、グラビア…特に数だけ掲載される本作とかには一番不向きなんじゃない?って思いました。

 

一方、関根ささらさんは中村静香さんと柳ゆり菜さんを彷彿とさせるビジュアルで、表情もその時その時で違っていて、こっちの方が全然いい!!

なんか表情の変化を見てると親しみやすさを感じるというか、カメラの前で自然に呼吸してる感じ…それぐらい自然な感じがすごく良かったです。

だから、申し訳ないけど今回は関根ささらさんしか見てないです。

総評

被写体によって当たり外れが激しいので、正直ボリューム半分にして値段も半分にしてほしいぐらいありますが…

谷川愛梨さんをここまでたっぷり掲載してくれる本ってなかなかないし、鹿目凛さんとか、関根ささらさんみたいな当たりにも出会えるのがこの本ならではって感じかな(笑)

マニアックな人選をして、とにかく量で勝負する…

NMB48との抱き合わせだからこそ成立しうるのかもしれませんが、今の時代には珍しいかなり尖った本っていうのは確かだと思います。 

GIRLS-PEDIA2017 SUMMER (エンターブレインムック)

GIRLS-PEDIA2017 SUMMER (エンターブレインムック)

  • 出版社/メーカー: KADOKAWA
  • 発売日: 2017/07/31
  • メディア: ムック
 

 

Copyright © 2016 gravure LOG All rights reserved.