グラビア見聞録

雑誌のグラビアやアイドルの写真集やイメージDVDの感想を書いたブログ、時々辛口です。

スポンサーリンク

こっちのちぃちゃんもすっごく魅力的!「ヤングジャンプ No.41 三城千咲」の感想

ヤングジャンプ 2017年 9/21 号 [雑誌]

2017年9月7日に発売された週刊ヤングジャンプ No.41号の表紙は三城千咲さん。

「レースクイーン・オブ・ザ・イヤー15-16」に続いて「ゲンセキ2017 グランプリ」を獲得し、見事2冠達成となりました!!

ま、レースクイーンの頂点の称号と、新人グラビアアイドルのオーディション企画のグランプリを同列に並べてよいかは定かではありませんが…かといってレースクイーンに一般的な知名度があるかと言えば…そうでもない気もするし…

まあその辺は深く考えない事にします(笑)

【関連記事】泉里香のダイナマイトボディーが凄すぎる!ヤングジャンプ No.20の感想

表紙&巻頭グラビア 三城千咲

シャツをまくりあげて水着姿が露出する…このなんとも言えないポージングと、ちょっとはにかんだ感じの笑顔がすごく魅力的だなぁと思ったんですが…

総じて言えるのは、三城千咲さんの表情がどれもすごくイイって事!!!!

海辺でのワンピース姿から始まり、白いビキニとYシャツのカットなんかは、スレンダーな体形を十分に活かしたポージング。この辺はやっぱりレースクイーンとして撮られ慣れてるなぁって感じも…

そして、頭からシーツを被った感じの表情のアップが超かわいい!!

全体的に笑顔のイメージが強いだけに、ピンポイントで違う雰囲気を出してくるとギャップというか、ドキッとさせられるもんでして…

(まあそれだけ単純だって事ですけど…)

こういう変化球を持ってるのは三城千咲さんの強みだなぁって気がします!!

 

プールサイドでの赤系の柄物のビキニなんかは、チャーミングな感じを出してきていて、どれもかわいらしい。

そして、表紙のビキニは別ポーズでウエストラインを強調したようなポージング。

でもって、見開きの赤ビキニ…

スレンダーなラインの美しさと、遠くをみつめる視線…

なんかすごく艶っぽいというか、すごくイイ感じの雰囲気を醸し出していて、これぞグラビアって感じ!!

レースクイーンとしては頂点かもだけど、こういうグラビア界では恐らく新人になるだろうから…最初からこの雰囲気を出せるってすごいなって思います!!

で、最後はまた笑顔。

 

今回の「ゲンセキ2017」は全体的にレベル高いなぁって思ってましたが、このグラビアを見せられたら納得するしかないというか、ニューヒロイン誕生って思ったんですが…どうでしょう???

ヤンジャンって世に出るきっかけは作るけど、その後が結構シビアというか…派手に打ち上げはするけど、点を線にする努力はあまりやらない印象があるので、せっかく三城千咲さんっていう原石を掘り当てたわけだから、継続的にグラビア起用してちゃんと育て上げてほしいなって思います。

(ま、ヤンマガさんで一本釣りして育てて頂くのもアリかなって気もしますけど。)

巻末グラビア 松川菜々花

モグラ女子の新鋭、松川菜々花さんがヤングジャンプ2度目の登場です!!

前回登場は同じく「ゲンセキ2017」だったんで…要はファッション誌「non-no」専属モデルがレースクイーンに負けたって事になるのかな?

【関連記事】NGT48の山口真帆さんってメッチャかわいくない?「ヤングジャンプ No.21」の感想

それはさておき、松川菜々花さんは目がくりっとしていて、ちょっと愛嬌ある雰囲気でチャーミングな女の子って印象。勿論、モデルさんなんで体のラインなんかはきれいなんですが…

なにげにアングルによって印象が変わるんで、色んな味は出せるんだけど、じゃあ基本イメージはどれだっけ…っていう感じも少々。

立ち姿のバックショットとか、最後の濡れた感じのカットとか、好素材であることは確かなんだけど…古民家での撮影っていうシチュエーションが全体的なトーンを地味にしてしまった感じ。

なんかもっとモデルさんらしく華やかなシチュエーションで、松川菜々花さんのポテンシャルをもっともっと引き出してほしかった…そんな気がします。 

ヤングジャンプ 2017年 9/21 号 [雑誌]

ヤングジャンプ 2017年 9/21 号 [雑誌]

  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2017/09/07
  • メディア: 雑誌
 

 

Copyright © 2016 gravure LOG All rights reserved.