グラビア見聞録

雑誌のグラビアやアイドルの写真集やイメージDVDの感想を書いたブログ、時々辛口です。

スポンサーリンク

める復活!!「ヤングアニマル嵐 2018年2月号 田島芽瑠/HKT48」の感想

この記事をシェアする

嵐 2018年 2/1 号 [雑誌]: ヤングアニマル 増刊

2018年1月4日に発売されたヤングアニマル嵐の表紙はHKT48の田島芽瑠さん。

斜めっていう構図がまたいいのかもしれませんが、ツインテールでの笑顔と、いつの間にそこまで成長した?っていう胸という非常にわかりやすい構図。

コンビニで見かけた時に、「これは見てみたい」って思わせてくれたので…早速チェックしてみたいと思います!!

表紙&巻頭グラビア 田島芽瑠 from HKT48

グラビアに「人気急上昇中の…」って書かれると、微妙に違和感があるんですが…

それはさておき、今月のグラビアはHKT48の田島芽瑠さんが担当。

 

加入当初から辿っていくと、成長を重ねるとともに少しふくよかになってしまっていた時期があり、グラビアとかを見て「こりゃしんどいなぁ」って感じていた事もあったんで、正直言っちゃうと「よくぞここまで持ち直した!」っていう印象。

初期の面影を残しつつ、すっかり大人の顔になったなぁっていう気もするし、ふくよかになった副産物?で適度に肉付きがよいボディー。その上、適度に胸まであって、なんかよくわからないけどいい感じにお姉さんになってるのにびっくり!!

 

グラビアは水着が3種類に、部屋着みたいな感じと、三つ編みに帽子に緑のニット&スカートって感じで、メインは表紙のビキニスタイル。

なんだろな…

めるの笑顔って背景にONE PIECEの「どーん」ってやつをつけたくなる感じがするんですが、「どーん」系のキメ顔的な笑顔と、それとはまた違う魅惑の表情アップなんかがあって、らしさはしっかり出せてるグラビアだと思いました。

初恋バタフライ

田島芽瑠さんつったら、初期の「初恋バタフライ」の時の美少女っぷりが衝撃的すぎて、私なんかはこの時のめるがデフォルトになっちゃってるんですよね…

 

ちなみにこの曲はHKT48初のオリジナル曲で、当時、劇場公演でずっとセンターをやっていた兒玉遥さんからセンターを奪取。加入したての2期生の田島芽瑠さんが「HKT48の顔」となったという事で当時すごく話題にもなったし、兒玉遥さんにとってはこれ以上ないぐらいきつい事件だと思います。

(逆に言うと今は活動休止していますが、はるっぴが腐らずに頑張ったからこそ、今のHKT48がある…とも言えるのかもしれませんけど。)

 

とはいえ、田島芽瑠さんに関して言えば、「センターとしてデビューしたコ」っていうイメージがあるから、最初に書いた通り「人気急上昇中」という言葉にはすごく違和感があるんですが…

この頃の感じに近づいた分、やっぱり「める復活」が相応しいんじゃないかと思いました。 

嵐 2018年 2/1 号 [雑誌]: ヤングアニマル 増刊

嵐 2018年 2/1 号 [雑誌]: ヤングアニマル 増刊

  • 出版社/メーカー: 白泉社
  • 発売日: 2018/01/04
  • メディア: 雑誌