グラビア見聞録

雑誌のグラビアやアイドルの写真集やイメージDVDの感想を書いたブログ、時々辛口です。

スポンサーリンク

舞台映えしそうだけど…「ヤングマガジン No.8 福島雪菜」の感想

この記事をシェアする

ヤングマガジン 2018年8号 [2018年1月22日発売] [雑誌]

2018年1月22日に発売されたヤングマガジンの表紙は、秋元康プロデュースの「劇団4ドル50セント」所属の福島雪菜さん。

色白の19歳の舞台女優の記念すべき初水着です!!

表紙&巻頭グラビア 福島雪菜(劇団4ドル50セント)

1960年代に活躍したシンガー、ジャニス・ジョプリンが亡くなった時に、傍らに未開封のマルボロ。手には4ドル50セントが握りしめられていた…

そんな話から、ジャニスが手にしたかったのは釣り銭ではない。夢を掴め!!

…そんな思いから秋元康氏によって名付けられたのが「劇団4ドル50セント」。

 

劇団員の約9割が未経験者という同劇団から、今回登場したのは福島雪菜さん。

記念すべき初水着グラビアなんですが…とにかく印象的なのが大きな瞳。目力は凄いと思うし、きっと舞台上なら映えるだろうなぁって思ったんですが…

正直、その大きな瞳の魅せ方をわかってないなぁって気もするし、私的には表情もイマイチ。流し目とかならまだアリな気もしますが、真正面はちょっと圧が強すぎる気も。

まあデビュー戦だから致し方ないというのを差し引いても、彼女の魅力を引き出すには至っていないんじゃないかって気がしました。

 

なんだかんだで吉岡里帆さんが水着グラビアをしていた頃も、幸薄そうな感じがしてそこまでいいなって思ってなかったんで、ひょっとしたら女優としてブレイクして水着グラビアがあっという間に過去のものになる可能性もあるとは思いますが…

少なくとも私の目にはあまり良く見えませんでした。

巻末グラビア 池上紗理依

巻末グラビアは池上紗理依さん。これまでショートカットのイメージがなかったんで、「あれ?髪を切ったんだ?!」っていう驚きもありますが…

愁いを帯びた瞳が強い…

下着姿とか、濡れた水着とお尻のラインとかはとてもきれい。

なんかじっとみつめる系の表情ばかりだったのが物足りなかった気もするけど…まあ巻頭グラビアよりかは好きかな。 

ヤングマガジン 2018年8号 [2018年1月22日発売] [雑誌]

ヤングマガジン 2018年8号 [2018年1月22日発売] [雑誌]

  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2018/01/22
  • メディア: Kindle版