グラビア見聞録

雑誌のグラビアやアイドルの写真集やイメージDVDの感想を書いたブログ、時々辛口です。

スポンサーリンク

乃木坂46の生駒里奈さんの卒業発表に思う。

この記事をシェアする

生駒里奈

2018年1月31日発売の日刊スポーツ紙上にて、乃木坂46の生駒里奈さんが同グループを卒業する事を発表した。

 

生駒ちゃんといえば、乃木坂46の1期生であり、デビューシングルから5枚目シングルまでセンターを務めた、ある意味同グループの象徴とも言える存在…

 

次回の20枚目シングルが最後になるんだそう…

逆風ニモマケズ

生駒里奈

今でこそ勢力図が変わったけど…

そもそも乃木坂46は、AKB48の絶頂期に「公式ライバル」として発足。

 

最初はプロモーションも思いっきり二番煎じ的な感じで…AKB48の「会いたかった」をマイナー調にアレンジした「会いたかったかもしれない」とか、MVに前田敦子さんまで登場する始末。

「公式ライバル」な割にはおんぶにだっこみたいなスタートで、本当に上手くいくのかなぁって思ったりしたもんだけど…

 

そんな黎明期の乃木坂46でセンターをはっていたのが生駒里奈さん。

AKB48のリクアワにサプライズ出演した時に、泣きながら「私たちには超えなければならない目標があります。その目標とは…AKB48です」って言っていたのを今でもすごく覚えてる。

すごく強いコだなぁって思った…

 

生駒ちゃんって秋田から上京してきて、いつもはぽやーっとしてるんだけど、スイッチが入ると急に凛々しくなって、フォトジェニックな感じに化ける。

ああ、これがセンターはるコの凄みなんだろうなぁって当時ずっと思ってた。

 

でも…

「運営のゴリ押し」みたいな事をずっと言われ、所謂アンチって奴に事ある毎に叩かれ、それはセンターに立つ者の宿命とはいえ…本当にかわいそうだった。

常に逆風に晒され、プリンシパルの投票とかではグループでの立ち位置とは違う結果を突きつけられ、生駒ちゃんはずっとプレッシャーと戦ってたんだと思う。

その場にいられなくなった事もあったけど…誰がそれを責められる?

今でこそAKB48を凌駕するグループにまで成長したけど、それもこれも一番苦しかった時期の逆風を、一身に背負って戦い続けた生駒ちゃんあってこそ。

 

今の乃木坂46があるのは生駒ちゃんがいたからと言っても過言ではない。

AKB48交換留学という試練

生駒里奈&渡辺麻友

今となっては何故それをやったのかも謎なのだが…

 

乃木坂46のセンターを離れた生駒ちゃんに訪れた次なる試練。

それが「AKB48への交換留学」。

48グループからは松井玲奈さんが乃木坂46へ。そして、生駒里奈さんがAKB48へ行くというもの。

そこで、AKB選抜総選挙まで経験する事になるわけだから…それは本当にしんどかったと思う。

得たものも大きかったと思うが…その分の心労も大きかったんじゃないかと…

そんな生駒ちゃんだからこそ

生駒里奈

生駒里奈さんの卒業発表はあまりにも唐突過ぎて驚いたし、ショックも大きかった。

 

だけど、今まで乃木坂46の為にずっと頑張ってきたんだもん。

心から「お疲れ様でした。」「今までありがとう」って言いたい。

これまでずっと頑張ってきた生駒ちゃんだからこそ、卒業したらグループの事は一旦忘れて、自分の為だけに邁進してほしいなぁって思うし、周囲の雑音とか全部無視してのびのびやってほしいなって思う。 

君の名は希望(DVD付A)

君の名は希望(DVD付A)

  • アーティスト: 乃木坂46
  • 出版社/メーカー: SMR
  • 発売日: 2013/03/13
  • メディア: CD
 

ちなみに乃木坂46で一番好きな曲が「君の名は希望」。

生駒里奈さんがセンターで、生田絵梨花さんと星野みなみさんが両隣にいる安心感。

なんだかんだでこの頃の乃木坂が一番好きだったなぁ。

 

今週のお題「私のアイドル」